【ヤギのからだ】自然界で生き抜くために貯金箱のようなふしぎな目をしてる

ヤギブログ

ヤギを飼いはじめて、おもしろい、不思議だなと思ったことの一つに「ヤギの目」があります。

横長の瞳孔は向きがかわるらしい。どうしてなんだろう。

ヤギの瞳孔は横長

マイル
マイル

「ヤギの目は怖い」っていう人がいるメ~

ヤギ、ヒツジ、馬などの有蹄類は水平方向に伸びた四角い瞳孔をしています。

馬の目をじっくりと見たことがないのですが、馬も四角い瞳孔をもっています。瞳孔周囲の黒目に当たる部分「虹彩(こうさい)」の色が濃いため、瞳孔の形が目立たないようです。しかしヤギは薄い黄土色なので、瞳孔の形が特に目立ってしまいます。

 

肉食動物から素早く逃げるため

有蹄類の多くは草食動物です。

草食動物は草原を広く見渡すために顔の横についていて横長の瞳孔と合わせて、約360度の視野を確保できます。

ヤギの視界は広くて常にパノラマ映像なんです。

マイル
マイル

弱肉強食の自然界で生き抜くたメ~だよ

きりまる
きりまる

だから僕たちを狙う肉食動物から素早く逃げることができるメ~

水平を保つために回転する

エサを食べているときなど頭を下げた姿勢では目線が低く視野が狭くなってしまいます。そうすると敵から狙われてしまいます。

しかしヤギの目は下を向いているときでも同行の角度を地面に対して、ほぼ水平を保つことができます!

なので頭を下げたとしても、立っているときと同じように絶えず広い視野を確保できています。

人間の眼球も少しは回転するけど、ヤギはその10倍以上の動くよ。

マイル
マイル

50度以上の角度をつけても水平を保てるメ~

弱点は縦方向?

ヤギの目は横方向には広く見渡せるけど、、縦方向の視界は弱点じゃないかなと。。。

じゃ、ヤギは上空から捕まえると簡単・・・???(;’∀’)

マイル
マイル

無理だメ~そう簡単には捕まりませんよ!上空からなんて無理だメ~!!!

暗いところでは真っ黒な目に

暗いところでは瞳孔が開いて真っ黒な眼になります。

薄暗いところで撮影すると目がぱっちりと大きく、いつもより、さらにかわいく撮れます♡

また瞳孔は興奮すると開きます。例えば猫もおもちゃなどで遊んであげると興奮して昼間でも目がまん丸になります。

我が家のジジはあまり撮られるのが好きじゃないのよね。

だからこのあと・・・

私に飛びかかってきました(;’∀’)

ヤギも遊んであげると瞳孔が開き、シャッターチャンスがあるかもしれません。

私もまだやったことがないので、いつか挑戦してみます!

でも興奮したヤギから頭突きを食らう可能性もありますので、くれぐれも注意をして撮影をしてください。

この前は、猫のジジが怒って飛びかかってきたけど、今度はヤギたちから頭突きされるかも・・・💦

 

 

もし、興奮していないのに瞳孔が開き、フラフラと足元がおぼつかない場合は、「腰麻痺」という病気にかかっている恐れがあるようです。そのような状態になったら、すぐに獣医に相談しましょう。

明るいところでは横長に

明るいところでは瞳孔が縮小し横長の四角形になり、水平に広い範囲が見渡せます。横長だと明るい場所で瞳孔を細めても視野を広く保つことができます。

日差しが強いところでも耐えられる

ヤギは山岳地帯や草原など、日差しを遮るものが少ない場所で生きています。横長の瞳孔は、強い日差を遮りつつ、水平の視野を広く保つのに適しています。

まとめ

きりまる
きりまる

僕たち、自然界で生き抜くために最適な機能を備えているメ~!最強だメ~!!!

マイル
マイル

でも毎日、他の動物から襲われる心配もなく、ぬくぬくと生活している私たちは、平和ボケしているかもしれないメ~

きりまる
きりまる

僕は完全に平和ボケしてるメェ~

エサももらえるし、小屋や牧柵も設置してもらって快適だメ~

 

 

 282 total views,  1 views today

コメント